球根科の植物でを使って求婚|育てやすくビューティフルな花が咲く

植え付けや置く場所に注意

球根化の植物を育てるのであれば、植え付けの方法や置く場所、水のやり方などを徹底するとちゃんと育つことが多いです。最終段階まで成長させるためにも注意事項は守りましょう。

取り扱い注意

剪定

球根科の植物は購入する時から差が出ます。良い球根は持った時に重みがあり、皮も元気な状態であり、傷などが少ない状態の物は元気に育ちやすいです。悪い状態の球根はカビが生えている、乾燥している、腐敗している、傷が多いなどの特徴があります。マイナスポイントが多いほど成長しにくくなるので注意して選びましょう。購入した後はだけで安心するのも危険であり、植え込みをするまでの保管方法も重要になります。梱包されているならば梱包から取り出して風通しを良くしましょう。日陰の涼しい場所で保管する事で痛むのを止める事が出来ます。根っ子は成長に関わる重要な部分なので傷にならないように気をつけましょう。球根科の植物は簡単に育てる事が可能となっていますが、状態の良し悪しで異なるので、植え付けするまで気を抜かないようにする事が大切です。丁重に扱って傷物にしないように細心の注意を払いましょう。

球根科の植物は複数のタイプが存在しており、タイプによって球根のでき方が異なるのです。レンコンやサツマイモも同じ球根の仲間ですが、成長方法に違いがあります。レンコンは地下部分が大きく成長していき、節の部分から新しい芽などが誕生するパターンですが、サツマイモなどは、同じ場所から複数の実の部分が誕生します。他のタイプは基本的に空に目掛けて育ち、茎の部分を中心に成長します。同じ球根科の仲間でも全く異なる成長過程をたどる事になるので、タイプ毎に育たて方や環境を整える必要があります。特に植え付けや水やりの方法が大事になるので、購入する前に特徴などを押さえておくと良いでしょう。球根科の特性を知る事で育てる時の楽しみも倍増するでしょう。

植え付けのタイミング

剪定

球根化植物は根っ子や茎の一部が変化したものであり、栄養を貯蔵している箇所でもあります。そのため、生命力が強く、植え付けるタイミングをミスしなければ育てやすいのが特徴です。

球根にはタイプが存在する

剪定

球根化の植物は地下部が大きくなる植物であり、茎や葉っぱなどが変形することによって球根となります。成長方法や増殖の仕方が異なるので、育成を始める前にチェックすると良いでしょう。

↑ PAGE TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加